審査結果発表後 京都大学大学院 新開洋介『GARDEN HOUSE』学生リノベーション設計コンペティション 賃貸住宅フェア2008in福岡

自然環境にやさしい生活、というのはどのような所から始まるのでしょうか?それは、自分が自然環境を愛することから始まるのです。
彼は今まで窓辺であったところを庭にするという、シンプルな操作で、かつ建築的にも美しい空間を作り上げました。そこには、外にある『そと』ではなく内にある『そと』という部屋の延長にある、とても生活に近い庭になり、あなたのお気に入りの場所になること間違いなしです!
また真ん中の梁の下にキッチンを設けその周りに、自分の部屋の空間を織り交ぜることで、徐々にプライベートな空間へと、パブリックからプライベートな空間へとグラデーションのついた空間が出来上がります。
万人受けするプランではないのかもしれませんが、自然が大好きで自然環境にもっと近いところに生活していく、そのような人がここに住み、自分の生活を“そと”にはみ出させていってくれたら…という彼の願いが込められたもの。
それが『GARDEN HOUSE』です。

受賞内容
『全国賃貸住宅新聞社賞』『プレゼンテーション賞』
講評
(賃貸住宅新聞社さん)私も賃貸住宅の主流の層であります、若年層の一人だと思っているのですが、やはりこの作品がいいな、と思ったはマンションに庭を置く事により、自然を身近に感じると思うんですね。庭の部分で、お茶が飲めたりするスペースになっているので、部屋にいながらにして、外にいるような感覚というようなデザインが非常に気に入りまして、『全国賃貸住宅新聞社賞』というよりも私の独断と偏見で決めさせていただきました。


アーカイブ

RSS パブリシティ-吉原住宅ウェブサイトへ

  • エラーが発生しました。ご指定のフィードは現在利用できないようです。後ほどもう一度お試しください。