日本大学 高木義典『206号室』学生リノベーション設計コンペティション 賃貸住宅フェア2008in福岡

所属: 日本大学
発表者:高木善典
作品タイトル『206号室』

『エコ』を実践するには“日常生活の中で”
テレビや雑誌などのマスメディアではよく『エコ』が謳われていますが、いくらそこで『エコ』を意識したとしても、実践する人は少ないのではないでしょうか?
そこで彼は日常生活の居住空間に、その意識『エコ』を持たせやすい空間、つまり外部空間を取り入れた1つの環境を提案。つまり、日常生活の中に外部空間が入ってくるということは、光、風、音、匂いが入ってくるということ。そこでは当然エアコンの利用も減ることでしょう。そしてそこに住む人は身近に環境を感じ、意識するようになる、という風に変化していくはず…。という思いを込めています。
また、空間を大きく2つに分け、外部空間を作りさらにそれを細分化することにより、グラデーションをかけるように空間を増やしていきました。このことにより内部と外部の両方を感じ取りやすくなる仕掛けも施されました。
日常生活で『エコ』を意識することが可能になる、そんな『206号室』を提案です!


アーカイブ

RSS パブリシティ-吉原住宅ウェブサイトへ

  • エラーが発生しました。ご指定のフィードは現在利用できないようです。後ほどもう一度お試しください。