審査結果発表後 九州デザイナー学院Bグループ酒井・榎谷・山下・森・松井・岩崎・小西・岩下・末岡『ECORE』学生リノベーション設計コンペティション 賃貸住宅フェア2008in福岡 

『ECO』+『CORE』=『ECORE』~地球と人に優しい空間作りって?
人にとって必要不可欠な家・・・。環境問題が叫ばれる中、住みやすく、地球環境にも良い家が必要なのではないか?と考えました。
そこで彼らは人の導線を減らし、無駄な動作をせずに効率よく暮らすことがエコに繋がる・・・。つまり生活に必要な動作を部屋の中心『CORE』に寄せ集めるプランを提案!キッチン、バスルーム、洗面、トイレ等の水周りをまとめることにより配管を短くし資源の節約、またコスト削減にもつながったり、風の通り道も出来て環境エコにもなったりと・・・。まさに『ECO』+『CORE』!
また森林保護のために木材も極力使わず、廃材のステンレスやスチールを再利用しつつ、デザイン的にはこれらの素材を活かしたスタイリッシュな空間に仕上がっています!さらに住む人の個性やライフスタイルに合わせた空間をより自由に表現してもらいたいということで、空間にはどこがリビング、ダイニングといった決まりゴトはありません。それが彼等の提案する『ECORE』です。

受賞内容
『株式会社 オープンエー賞』
講評
(オープンエー 馬場氏(山本氏代読))評価基準としましては、汎用性を評価したい、と思いました。最小限コアを一つにまとめ、それをあたかもユニット化したようなリノベーションを示しています。アドバイスをするとすれば、もっとミレニアムにプロダクト化をすれば、よりコンセプトを強く表現出来たのではないか?と思いました。またこのコアが環境負荷を軽減するような設備的、技術的な工夫にまでしてくれれば、もっと面白かったのではないか?と思います。どこまでミレニアムにプロダクト化が出来るかが勝負だろうと感じております。


アーカイブ

RSS パブリシティ-吉原住宅ウェブサイトへ

  • エラーが発生しました。ご指定のフィードは現在利用できないようです。後ほどもう一度お試しください。