審査結果発表後 九州産業大学 寺田菜都美・上野和義 『HAPPY ECO』学生リノベーション設計コンペティション 賃貸住宅フェア2008in福岡 

地球はもちろん、私たち人間にも優しく負担がかからない、エコって?
彼らは、今生活の中にあって、もっと楽しく出来そうなこと『料理』を軸に『HAPPY ECO』を提案。例えば家で料理をすることによってコンビニのご飯よりゴミの削減はもちろん、温かい手料理で心のゆとりも出来て環境のことも、思いやる気持ちも生まれそうです。
料理をしたくなる仕掛けもいくつかあって、同じメニューを食べるのでもシーン毎に、食べる場所を変えられるような空間作りだったり、キッチンを真ん中に置くことでどこからもアクセスしやすい空間だったりと・・・。また誰かの為にお料理を振舞おう!と思うとテンションも上がるもの。でもその反面プライベートスペースが丸見えになってしまうのも困りもの・・・。この悩みもベッドルームとリビングを区切る仮設の壁や、大きなウォークインクローゼットで解決しています。
自分たちで手料理をして、みんなに、地球にハッピーなエコライフな生活!『HAPPY ECO』の提案です。

受賞内容 
『最優秀賞』 『株式会社アヴァンティー賞』 『見学者が選ぶ優秀賞』
講評 
『最優秀賞』
(信濃副理事長)おしゃれにドローイングされたスケッチから現代人のお洒落な通販生活が見えてくるようでした。また20年先のライフスタイルを考えること、これがビルストックを、日本をエコを考えることにつながるのではないかと思いました。

(アヴァンティーさん)一番の理由が、まず私が住みたい、と思ったのが第一の理由です。きちんとシーン毎で生活が提案されているという所が、とても想像しやすいなと思いましたし、またキッチンを中心とした生活という間取りをしていらっしゃるので、女性にとって一番使いやすい間取りでした。


アーカイブ

RSS パブリシティ-吉原住宅ウェブサイトへ

  • エラーが発生しました。ご指定のフィードは現在利用できないようです。後ほどもう一度お試しください。